MESSAGE

社長メッセージ

素晴らしい仲間を求めています。

代表取締役社長

田中 宏昌

TANAKA Hiromasa

ネクスウェイは2004年にリクルートから独立した会社です。昨年、新たな理念・ビジョン・行動指針を設定しなおし、設立から10年を超えた今、次のステップへ進んでいます。

我々が最も大事にしている理念は、「FOR MOVIN’ 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる」。

FAXの通信サービスから始まったネクスウェイの事業ですが、ありがたいことに現在もFAXをはじめとし、当社のサービスに価値を感じていただいているお客様が約9,000社いらっしゃいます。この「伝える」ための手段は安心安全のサービスとしてご提供することが大前提です。しかし、情報を「伝える」手段のご提供だけではなく、人の「想い」を大事にし情報というカタチにしていくこと、送り手と受け手を「つなぎ」、情報を受け取った人の「行動」まで意識して活動していくこと、が重要だと考えています。ネクスウェイはこれらが実現できる世界を目指し、サービスを増やし、お客様のパートナーとして価値を創造し続けていきます。

ネクスウェイは現場を大事にしています。お客様を起点として、そこから新しい価値を作っていける会社でありたいと思っています。日々の活動から、お客様が困っていることをどう解決したらいいかというところに多くのビジネスのアイディアとチャンスがあります。それを形にして行くための環境としての組織、そして何よりも人が大切だと考えています。

現在のネクスウェイは、新卒で入ったプロパーの社員と中途入社した社員の割合は半々です。その中でお互いが刺激し合える環境です。中途や新卒と分けることはしたくないのですが、中途入社の方には即戦力になってもらうことだけでなく、様々な会社での経験からネクスウェイにある“当たり前”に刺激を与えてくれることを期待しています。今まで積み上げてきたスキルや経験をネクスウェイで活かすことができるかどうか、そこが一番のポイントだと考えています。

新卒入社の方には、今何ができるかよりも、将来の可能性にかけています。新卒でネクスウェイの門を叩いた方の中から未来のネクスウェイの社長が出てほしいと願っています。類まれないチャレンジで未来を創ってください。

双方に共通して求めたいことは、問題の本質を理解し、自分でどうしたらいいか考え、決断と行動ができることです。社内でも常にそのレベルを高めるべく、切磋琢磨しています。

当社に期待して欲しいのは、“道を切り開いていけるチャンス”です。こんな事業をしてみたい、こういうチャレンジをしてみたい、あるいは会社をこんな風に変えて行きたい、そういった挑戦には、応えて行ける環境がありますし、私自身も挑戦し続けて行くつもりです。

ネクスウェイは事業家集団でありたい。社員一人ひとりが自分で事業を立ち上げるとか、事業を運営する一員として、この事業をどうやって良くしていけるかということを常に考えて行動して欲しい。これは忍耐のいることかもしれませんが、飛躍的に成長でき、次に繋がり、仕事が楽しくなってきます。これは私自身の経験から大事にしていることです。これを売って来いと言われて動くのと、この商品をどうやって事業として育てたらいいのかと考えて動くのでは、雲泥の差です。ひとり一人が事業家の思考で行動する環境でありたいと思っています。

自発的なやる気のある人を求めています。活躍できる環境は整っています。当社はさまざまな業界の9,000社のクライアントを抱えています。多くのお客様の期待に応えたい。

是非、事業家集団の一員に加わり、「想いを情報でつなぎ、躍動する社会」を一緒に実現していきましょう。

裏へ 裏へ

NEXWAY LEAKS

本気だからこそ、すべてをさらけ出せる
ネクスウェイの本音に、本気で触れる覚悟はありますか。