VOICE

社員が語るネクスウェイ

2014年入社

松崎 瑛子

MATSUZAKI Eiko

ほとんどすべて!?の業界と関われます

いわゆる営業職ですが、わたしの所属している部署では企業の営業活動のサポートもしています。企業向けの商品を、その対象となる企業の担当者にどうやって情報を届けるか、その最適な情報伝達方法はなんなのか、どういう見せ方が適切か、をお客様に合わせてご提案します。しかもほぼすべての業種(ちょっと言い過ぎ?笑)が、お客様ないしはエンドユーザーになるので、とても広く社会を捉えることができるようになります。日常生活では知ることのできない「うらがわのシクミ」を知ることができるので、自分の引き出しがどんどん増える感覚があります。関わる顧客も現場担当者から、商品の責任者、部門責任者、ときには社長や業界のドンみたいな方もいて、なかなか出会えないような人の想いに触れることができるのもやりがいの一つです。

まず受け入れて、突破する。それが出来るのであれば最高です。

今まさに会社は転換期を迎えようとしています。そこに飛び込んでくれる勇気があれば大歓迎です。そのためにまず、ありのままのネクスウェイを受け入れるところからはじめてくれると良いと思います。良くも悪くも、ネクスウェイには固有の文化があるので、文化を把握した上で、自分が起点となって新しい価値を浸透させるんだ!や、周囲を巻き込んでいくんだ!という情熱を持った行動ができればとてもやりがいのある会社だと思います。ただ、想像以上ににぎやかな職場なので個人プレーで仕事をしていきたい方には不向きかもしれません(笑)。また、あらゆる業界と関わりがあるからか、社内ではいろんな価値観、多様性を受け入れる風土があります。

QUESTION TOP

裏へ 裏へ

NEXWAY LEAKS

本気だからこそ、すべてをさらけ出せる
ネクスウェイの本音に、本気で触れる覚悟はありますか。