VOICE

社員が語るネクスウェイ

2011年入社

石塚 謙

ISHIZUKA Ken

市場と人、いずれの成果も見えやすい。

FAX一斉同報をはじめとした新規顧客開拓部門の営業兼マネージャーという立場上、お客様とのコミュニケーションだけでなく、効率的な集客のためのマーケティング施策や体制作り、新機能企画等の業務も担っています。狭い市場とはいえ“FAX同報業界No.1”であり続けるため、新機能や各施策の良し悪しから、市場への影響度合いを測りやすい点はやりがいではあるのですが、プレッシャーでもありますね。結果が出やすい商材だからこそ若手や新人、業務委託のメンバーの成長など人材面の成果も見てとりやすい。マネージャーの役得ですが、これは私の大きなモチベーションになっています。もちろん私自身の成長も感じやすいということもあります。

地に足をつけて着実にいきたい。

入社当時は、思った以上にFAXに頼る比率が高いと感じました。プロダクトありきの営業色が強かったように思います。今はマネージャーの立場となり、お客様の“売りたい”に応えるソリューションをしっかり提案しなければならないと強く感じています。というのも、FAX事業自体はいずれ収縮していくという予見から、新規事業を立ち上げるというムードが会社全体に広がっているからです。それはそれで素晴らしいことだと思うのですが、私はまずは今のお客様としっかり向き合っていくことが大切だと感じています。もう少し、地に足付けて顧客の課題をFAX事業でしっかり解決していきたいと考えています。

QUESTION TOP

裏へ 裏へ

NEXWAY LEAKS

本気だからこそ、すべてをさらけ出せる
ネクスウェイの本音に、本気で触れる覚悟はありますか。