INTERVIEW

社員インタビュー

本質を見極める力が
養われた。

販売支援事業部
2G

中村 翔 / NAKAMURA Sho

通信、流通、そしてネクスウェイ。

新卒で通信会社に就職し、最初の1年は法人営業やコールセンターのアウトバウンドなどを担っていました。その後退職するまでの3年半は、大手キャリアへ出向し日々エンドユーザーとの折衝を重ねてきましたが、法人営業をもう少し追求したく流通業界へ転職。当時は、業界No.1企業というものに純粋に興味がありました。ところが、自分が思い描いていた仕事内容とは、少し違いました。店舗に勤務しBSやPLと格闘しながら経営の基礎を学ぶ日々が続きました。店舗開発や出店計画など、直接FCオーナーの役に立つようなことをしたかったのですが…。全国に店舗がある企業ですから、店舗でのあらゆる業務を経てからの次のステップということは重々承知していたのですが、1年足らずで転職を決め、ネクスウェイに入社を決めました。もっと自分の思い描いている成長曲線に合わせていきたかったんです。

ネクスウェイで新たな自分に出会う。

ネクスウェイは自分を成長させるにまたとない環境だと、入社ほどなくして気づきました。いい意味でのギャップというか。前職・前々職では売るものは決まっていて、それをいかに売るか、がポイントでコツさえ掴んでしまえばものが売れていきました。一方、ネクスウェイでは、こうしなければならない、という型というものがなく、自由。自分がこうしたい、ということを積極的に取り入れてくれます。ただ、自分がそういう環境で働いたことがなかったので、今まで使ってこなかったような頭の筋肉というか、頭脳を使っている感覚です。お客様によって提案の仕方を変えなければなりませんから、入社当時は苦労の連続でした。でも考えてみれば当たり前のことでした。私たちはモノを売っているわけでなく、課題の解決策を提案しているわけだから、顧客一人一人ニーズも課題も違う。求めていることの本質を捉えないとどんな提案も届きはしないんです。逆に前職では、こう提案してください、というお手本通りに行って売上につなげることがなかなかできなかった。本質的でなかったのでしょう。本質を突き止めること、今の自分に合っています。

本部、店舗、お客さん、それぞれにwinをつくる。

モノを売っているわけじゃないと言いましたが、具体的には自社商品である「店舗matic、売り場ノート、現状分析」を駆使し、本部と店舗のどこに課題があるのかを抽出・分析し、解決策を提案するのが私の仕事です。コンサルティングに近い営業というか、簡単に言えば、いいお店づくりをするためのお手伝いですね。店舗に営業すると、課題をそもそも把握していないケースが多々あります。自社ツールの提案はあくまでも課題解決の手段であって、本質的なことは、どこに課題があるかを見つけることなんです。まったく関係ないところに課題が眠っていたりするので、原因を探るのは難しいです。過去1ヶ月のメールのやり取り、いつ誰が誰にどんな情報を送っているかなど定量調査、店舗、本部の方々へのヒアリングを通した定性調査、などから課題を探ります。店舗の課題が改善されれば、本部はもとより、店舗を訪れるお客さんにもメリットがあるので、ここは非常にやりがいを感じます。

とにかく成長できる環境。

私にとって“成長”は人生でとても大切にしていることです。成長には本質を見極める作業が必要です。何をどうしたら本質を見極めることになるのか、説明は難しいですが、少なくとも一人一人顧客は違いますから、求めていることも目的も違うわけです。そういう人たちに私たちの価値を提案するフォーマットのようなものはありません。相手はどんな人で、背景も伺いながらきちんとヒアリングしていくことでしか、本質を捉えることはできないと思っています。それを繰り返すことで、自分はどんどん成長していくんだと理解しています。先にも述べたように、お客様への提案の仕方は“自分で考え”なければなりません。そのことに不慣れだった私は、入社直後は少しだけ戸惑いましたが、逆にその時の苦労が今の成長に繋がっているとも思っています。自分が経験したことを踏まえて、社内に教育の仕組みをつくれたらと考えています。壁が高ければ高いほど燃える人もいれば、丁寧に指導されたい人もいる。教育も、型があるものではなく、一人一人にアプローチが違って然るべきで、その人の本質に触れなければ成長させることはできない、というのが持論です。ともかく、まずは私がいけるところまで成長することですね。

裏へ 裏へ

NEXWAY LEAKS

本気だからこそ、すべてをさらけ出せる
ネクスウェイの本音に、本気で触れる覚悟はありますか。