INTERVIEW

社員インタビュー

ビジネスは実践がすべて。
思い立ったら即行動!

営業改革事業本部
インサイドセールス支援事業部
事業部長

小椋 亮 / OGURA Ryo

25才にして100人を束ねるマネージャーに。

ネクスウェイの前はITのベンチャー企業に新卒で入社しました。1ヶ月で350時間ほど労働するという環境の中でやっていました(笑)。そこは完全に実力成果主義。新人でも成果が上がれば出世できるし給料も増える、成果を出せなければ社歴が長くても給料は増えないですし、ポジションもずっと変わらない環境でした。その環境で何とか成果を残すことができ、入社2年目から、マネジメントをやることになりました。それもはじめは3人だったのですが、25歳のときには、100名近くの営業マンを束ねるほどの組織になっていました。

もっと高みで腕を試したい。

それなりに営業マンとしてやれたのではないかと思ったところもあったのですが、その時は25歳でまだまだ成長もしたいし、もっと大きな仕事を任せられるビジネスマンになりたいって思いました。また、営業を教える立場にあったものの、本当に自分の実力が世の中的に通用するものなのか確認したかったので、もう一度チャレンジする気持ちで転職を考えました。
当時受けたのはリクルートグループのみです。営業が強い会社ってどこかなと考えた時に、やはりリクルートという冠は常に自分の頭の中にありました。若手が会社を引っ張っているという印象もあり、できるビジネスマンがたくさん居るのではという期待もありました。その強いと言われている集団の中で自分がどれだけチャレンジできるのか、自分の実力を試してみたいと思ってリクルートグループに限定し自分にあった転職活動をしました。その中で出てきたのが、リクルートから独立したばかりのネクスウェイだったんですよね。

30才で事業部長に。人を育てる楽しみを知る。

入社後はWEBマーケティングを提案する部署に所属しました。営業する商品はもちろん、営業の仕方も企業によって全然違うんだという印象を持ったのも鮮明に覚えています。これは正直、いい意味も悪い意味も入っています。
自分のやってきた営業を試したいって思ったので、良いところだけ盗んで、あとは自分の信じた営業方法で成果を残しました。そこで入社2年目の時に今年は絶対に社内で1番の成績をとりたいと思って、自分を追い込む意味でもNO1宣言をしました。もう後には引けない感じだったので、必死に働きました。その結果、年間MVPをとり、自分の中でもうプレイヤーとして能力を磨くことはやめて、育てる方をやりたいと思うようになりました。そうして営業マネジメントを中心として3年ほどやっていました。
30歳の時には事業部長となり、営業職と比べ、視野と視点が変わりました。
時間軸や必要な点も大きく変わり、「未来を創る意志」「どういった商品・サービスで実現するか」「どう営業するか」これをどれだけ早く回せるかが重要だと思っています。掲げた未来があまり小さいと面白くないなっておもったんですよね。だから時間軸を2年とか3年とかっていう範囲で捉えて事業を考えていました。

チャレンジにはメリットしかない。

自分の強みは決断力と行動力だと思います。あまり議論に議論を重ねてやるっていうよりは、失敗してもいいから実践を積むという方が成功に近付く最短距離になると信じているからです。あとはあまのじゃくなので、今までのやり方をそのままでやるってできないんですよね。自分じゃなくてもいいのでは?と思っちゃいますし、そういう意味では、新しいサービスを考えるとか、現状をドラスティックに変えていくみたいな場所は自分の強みが出せるのではないかと思います。
今の若い子たちってあまりチャレンジしたこととかチャレンジすることに対する意欲とか喜びって味わったことがないんじゃないかなと思うんですよね。若い時に新しいことにチャレンジする場合メリットしかないですよ。
ビジネスは実践がすべてで行動できない人は成長できないし、成果を残せるビジネスマンにはなれないと思います。思い立ったらまずアクション!これを自分はいつも心がけています。

染まるな、染めてやれ。

いままでのネクスウェイでの価値観で商品を作っていくということから、どこかで脱却しなければならないと思っています。そういう意味でも、現在のビジネスモデルの延長線上ではなく、まったく新しいビジネスモデルを作っていくことにチャレンジしたいし、そういうビジネスがないとこれからもっと会社が大きくならないと思います。
中途で入ってくる方には期待しています。中途採用の面接をしていて、入社を決めていただいた方によく言うのは、ネクスウェイの色に染まってほしいわけではなく、自分の経験をもっともっと活かそうという意志で来てほしい、ということです。逆に自分色に会社を染めてやるくらいの気持ちで来てくれるほうが、会社も活性化するし、今いる社員も刺激をすごく受けるんじゃないかなと思います。自分自身もまだまだ発展途上なので刺激的な仲間と仕事したいですね。これからも過去の価値観に捉われず、世の中が驚くような新しい事業を創れる会社にしていきたいと思っています。

裏へ 裏へ

NEXWAY LEAKS

本気だからこそ、すべてをさらけ出せる
ネクスウェイの本音に、本気で触れる覚悟はありますか。