MESSAGE

社長メッセージ

素晴らしい仲間を求めています。

代表取締役社長

田中 宏昌

TANAKA Hiromasa

 ネクスウェイは2014年に10周年を迎えました。そこで今と少し先のネクスウェイを意識して「伝わるを真っ芯でとらえる会社」という言葉を掲げました。それは、伝えることだけではなく、本質がきちんと伝わり、その先でメッセージを受け取った人を動かし結果を出すことです。伝える、伝わる、そして動かすために何をすれば良いかという真っ芯をとらえて、全力でぶつかり、お客様に心から喜んでいただき、常に期待してもらえる会社を目指します。

 顧客視点と現場主義をベースとして、そこから新しい価値を作っていける会社でありたいと思っています。当社にはメーカー機能はないので、研究開発をして世の中にないものを作り出すことはしていません。日々の活動から、お客様が困っていることをどう解決したらいいかというところにビジネスのアイディアとチャンスがあると考えています。それを形にして行くための環境としての組織、そして何よりも人が大切だと考えています。

 現在のネクスウェイは、新卒で入ったプロパーの社員と中途入社した社員の割合は半々です。その中でお互いが刺激し合っています。中途入社の方に求めることは、即戦力になってもらうことです。今まで積み上げてきた皆さんのスキルをネクスウェイで活かすことができるかどうか、そこが一番のポイントです。新卒入社の方に求めていることは、未来のネクスウェイを創ってもらうことです。今何ができるかよりも、将来の可能性にかけています。双方に共通して求めたいことは、問題の本質を理解し、自分でどうしたらいいか考え、決断ができるということです。社内でも常にそのレベルを高めるべく、切磋琢磨しています。

 一方で、当社に期待して欲しいのは、“自分で道を切り開いていけること”です。こんな事業をしてみたい、こういうチャレンジをしてみたい、あるいは会社をこんな風に変えて行きたい、そういった挑戦には、応えて行ける環境がありますし、私自身も挑戦し続けて行くつもりです。

 そしてネクスウェイは事業家集団でありたい。社員一人ひとりが自分で事業を立ち上げるとか、事業を運営する一員として、この事業をどうやって良くしていけるかということを常に考えて行動して欲しい。これは忍耐のいることかもしれませんが、飛躍的に成長でき、次に繋がり、仕事が楽しくなってきます。私もそいった体験をしてきました。これを売って来いと言われて動くのと、この商品をどうやって事業として育てたらいいのかと考えて動くのでは、雲泥の差です。ひとり一人が事業家の思考で行動する環境でありたいと思っています。

 そのためにも自発的なやる気のある人を求めています。活躍できる環境は整っています。当社はさまざまな業界の約8,000社のクライアントを抱えています。多くのお客様の期待に応えたい。

是非、伝わるを真っ芯でとらえ、お客様の笑顔を一緒に見ようではありませんか。

裏へ 裏へ

NEXWAY LEAKS

本気だからこそ、すべてをさらけ出せる
ネクスウェイの本音に、本気で触れる覚悟はありますか。